持続可能な市民社会を実現するための実践研究会

「休眠預金活用法からNPOの評価に向き合う」

対象休眠預金活用法に関心のある方、制度を活用したい方
日時2019年11月09日 13:30~
会場まつど市民活動サポートセンター

休眠預金等活用法からNPOの評価に向き合う
~今さら聞けない休眠預金のこと、制度の本質を学ぶ~

「評価の5原則」「社会的インパクト評価」「ロジックモデル」「参加型評価」

2016年に法律が成立し、いよいよ今年度から本格的に運用がスタートされる「休眠預金活用法」。民間の公益活動を促進する仕組みとして注目されています。今回の講座では制度の枠組みや理解を深めることはもちろんのこと、制度の中で重要となる「評価」について詳しく学んでいきます。

そして本講座は休眠預金に関心のある団体を対象とした実践研究会(全3回)のキックオフとなっています。研究会に興味のある方はまずはご参加ください。

【講座概要】
日時:11月9日(土)13:30~16:30
会場:まつど市民活動サポートセンター 第2会議室
定員:10団体(先着順)
講師:山田泰久さん(一財)非営利組織評価センター業務執行理事、NPO法人CANPANセンター代表理事

<講師プロフィール>
2014年4月、日本財団からCANPANセンターに転籍出向。NPO×情報発信、助成金、ITなどの文脈でセミナー開催・講師、情報発信を行っている。2016年4月、非営利組織評価センターの設立とともに、業務執行理事に就任し、非営利組織の組織評価に取り組んでいる。

【申し込み方法】

○お申込み:下記の申し込みフォーム、または電話かメールで同センターへお申込みください。

https://forms.gle/Fnxz6wYvmtBKo11p8

電話(047-365-5522)E メール(hai_saposen@matsudo-sc.com)